天然成分100%の植物活力剤が作る持続可能な新たな社会

株式会社ワダケン

天然成分100%の植物活力剤の製造と販売

  • 資料請求・問い合わせ
  • リクルート
  • オンラインショップ
  • サイトマップ

お問合せはお気軽に0120-296-370


    • 商品特徴
  • 商品カタログ
  • 導入実績と評価
  • 会社案内
  • リアルソイルとは
  • ホーム

実例集

12月2013

ヤグルマギク 比較栽培 (12/24)

【比較栽培の条件】※日当たり、水やりの頻度は同じ

ナチュラルミスト:週一回 葉面に散布(ストレートタイプ)

他社資材(液肥):週一回 株元に投与(原液を500倍希釈)

 

***

 

比較栽培開始から2か月目、12月24日のヤグルマソウです。
1224_01

1224_02

ナチュラルミスト施用:葉が伸びてきた。下葉に赤い変色がみられる。

他社資材施用:葉の枚数が増え、密になってきた。濃い緑色をしている。

 

他社資材(液肥)のほうは成長が早いようです。

「緑を鮮やかにする」と謳っている通り、葉の色も濃いめ。

一方、ナチュラルミストは葉を伸ばしながら、のんびり成長中。

寒さのせいか、下葉が赤くなっているのが少し心配です…。

 

⇒ ヤグルマギク比較栽培(2/25) へ続きます。

今までの記事:ヤグルマギク 比較栽培 (10/25 , 11/11 , 11/25, 12/2

玉ねぎ 腐敗実験スタート(12/12)

リアルソイルリキッドを使った「和らぎ農法」の野菜で、腐敗実験を始めます!

農薬も肥料もつかわない、「自然農法」の野菜で行われた実験を、本で読んで衝撃を受け、

ならば、リキッドで育てたリアルソイルハウスの野菜は、、、? と期待しています。

今回は「玉ねぎ」。

土作りに牛フン堆肥、醗酵鶏糞、ぼかし肥を使ったので、純粋に「リキッドだけ」ではないのですが、

リキッド不使用で作ったものや、買ってきた野菜とも比べてみます。お楽しみに!

 

(実験サンプル)

玉ねぎ×4検体

①リアルソイルリキッド(FWリキッド)使用

②リアルソイルリキッド(ナチュラルミスト)使用

③リアルソイルリキッド不使用(なし)

④市販のもの

①~③はリアルソイルファームで収獲したもの、④は一般的なスーパーで購入したものです。

玉ねぎ1212_2

煮沸消毒したガラスビンに入れて、密閉。温度変化が少なくて、うす暗い納戸に置きました。

1日1回フタをあけて空気を入れ替えて、匂いチェックもします。

きょうは、どれも玉ねぎの匂いそのものです。。。

 

ヤグルマギク比較栽培(12/2)

【比較栽培の条件】

ナチュラルミスト:週一回 葉面に散布(ストレートタイプ)

他社資材(液肥):週一回 株元に投与(原液を500倍希釈)

その他、日当たりや水やりなどの条件は同じです。

 

***

前回から一週間後の12/2。

ヤグルマギクには大きな差が出てきました。

1202_01

1202_02

ナチュラルミスト施用:葉に厚みが出てきた。

他社資材施用:完全に萎れてしまった。

 

今回も二日間お水をやれず、他社資材の方は可哀相なほど ぐったり…。

それに対してナチュラルミスト施用は葉に厚みも出てきて、元気に育っています!

 

ナチュラルミスト グリーンライフ は、植物の根を活性させる効果があるので

土の中の養水分をしっかり吸収できる状態になっているようです。

 

⇒ ヤグルマギク比較栽培(12/24) へ続きます。

今までの記事:ヤグルマギク 比較栽培 (10/25 , 11/11 , 11/25

 

ヤグルマギク 比較栽培 (11/25)

【比較栽培の条件】

ナチュラルミスト:週一回 葉面に散布(ストレートタイプ)

他社資材(液肥):週一回 株元に投与(原液を500倍希釈)

その他、日当たりや水やりなどの条件は同じです。

 

***

 

比較栽培開始から1か月が経ちました。

ナチュラルミストと他社資材で育てているヤグルマギクは、それぞれこんな状態に。

1125_01

1125_02

ナチュラルミスト施用:葉に張りがある。順調に生育中。

他社資材施用:少し萎れ気味。葉の色は濃くなっている。

 

土日を挟み、水やりができなかったせいか、

他社資材施用の方は、しょんぼりとした様子…。

一方、ナチュラルミスト施用は元気に育っています。

 

⇒ ヤグルマギク比較栽培(12/2) へ続きます。

今までの記事:ヤグルマギク 比較栽培 (10/25) ヤグルマギク 比較栽培 (11/11)

 

ヤグルマギク 比較栽培 (11/11)

【比較栽培の条件】

ナチュラルミスト:週一回 葉面に散布(ストレートタイプ)

他社資材(液肥):週一回 株元に投与(原液を500倍希釈)

その他、日当たりや水やりなどの条件は同じにします。

 

***

 

10/25に植え替えをし、一回目の散布・投与を行ってから二週間…

1111_01

ヤグルマギクはそれぞれ、このように育ちました。

 

真横から見ると、こんな状態。

1111_02

 

ナチュラルミスト施用:葉が上に伸び、しゃんとしている。

他社資材施用:葉が広がって伸びている。成長に勢いあり。

 

わずか二週間で、育ち方に違いが出てきたようです。

 

⇒ 続きは ヤグルマギク 比較栽培 (11/25) へ。

今までの記事:ヤグルマギク 比較栽培 (10/25)

 

ヤグルマギク 比較栽培 (10/25)

今回は『コーンフラワー』とも呼ばれる花、ヤグルマギクの栽培です。

futta1584m

すっと伸びた茎に、八重咲きの花を咲かせるヤグルマギク。

水はけがよく、日当たりのいい場所であれば

手をかけなくても丈夫に育つ、初心者に優しい花です。

 

***

 

このヤグルマギクを育てながら ナチュラルミスト グリーンライフ

他社資材(液体肥料)による栽培の比較実験をしてみます。

 

まずはヤグルマギクの種をまき、ある程度育ったところから

生育状態の似た株を選んで、鉢に植え替えました。

1025_01

比較実験前の時点で、右のヤグルマギクのほうが若干成長が早く、

左のヤグルマギクには、根っこの痛みによるものか、下葉の枯れが見られます。

 

ここは、根を活性させるナチュラルミストに期待をこめて

左をナチュラルミスト施用、右を他社資材施用の鉢にすることに!

 

これからこの二つにはどんな違いが出てくるでしょうか?

 

⇒ ヤグルマギク比較栽培(11/11) に続きます。

 

PageTop