天然成分100%の植物活力剤が作る持続可能な新たな社会

株式会社ワダケン

天然成分100%の植物活力剤の製造と販売

  • 資料請求・問い合わせ
  • リクルート
  • オンラインショップ
  • サイトマップ

お問合せはお気軽に0120-296-370


    • 商品特徴
  • 商品カタログ
  • 導入実績と評価
  • 会社案内
  • リアルソイルとは
  • ホーム

和の話

下手くそプレイ日記 Part74

お久しぶりです。本社営業部の浅村です。

今回は京都のゴルフ場様でプレイさせていただきました。

台風が来るか否か週末までわからに状況でしたが、

前日に台風が通過したことで何とかプレイはできました。

午前中は雨の中、午後からはピーカンで気温が30℃超えの暑い中でプレイとなり、

終わればぐったりとした一日でした。

 

プレイのほうですが、台風後で雨が降っていたにも関わらず

グリーンは透水性が良いということもあり、

雨の影響を感じることなく、 良く転がり、平均1000㎡のグリーンで

普段は体験できない長距離のパッティングで感覚がなかなか掴めませんでした。

(上手な人なら関係ないので言い訳になりますが・・・)

ただ、接待コースということで広いグリーンには大抵のせることができ、

スコアはいつもより良く、気分良く終わることができました。

同伴者の皆様、ゴルフ場スタッフの皆様ありがとうございました。

まだまだ暑い日が続きますが、

ゴルフ場様に良いお手伝いができるようにこの夏も頑張っていきたいと思います。

OUT 50 IN 48 GROSS 98

 

下手くそプレイ日記 Part73

お久しぶりです!関東勤務の金子です。

ゴルフは定期的にしていたものの、なかなかご報告できずすみませんでした。

今回私は、静岡県のゴルフ場にてラウンドしてまいりました。

 

私のスコアは平均して110前後で、実は毎ホール、ダブルボギーを基準にしています。

今回は出だしから調子が良く、スタート3ホールでボギー3つ。

そのまま調子良く、とはゆかないのがゴルフというもので、直後に2ケタ叩いたりと悪戦苦闘します。

良いところがあれば必ず別に悪いところが出てくるもので、

今回は前者がショートホール、後者がロングホール。

ニアピン賞を獲得するも、直後のドライバーショットはボッテボテのゴロを連発してしまいます。

後ろの組にいたグリーンキーパー様からも、

「ニアピン取った人のスイングとは思えない」と言われてしまいました。

数えてみれば、なんだかんだでいつも通りのスコアでした。

100を切るのはいつになるのやら・・・。

素晴らしいコースコンディション、天候、メンバーに恵まれ、充実したゴルフとなりました。

本当にありがとうございました。

OUT55 IN52 GROSS107

 

下手くそプレイ日記 Part72

皆さん初めまして!!この度、本社営業部に入社した青井と申します。

入社して半年ほど経ちますが、スポーツするのが好きで

昔から興味はあったゴルフですが、入社を機に始めてみました。

やってみてわかったのですがマナーやルールなど覚えることが多く、

難なくこなしている先輩方は凄いなぁ。と改めて思います。

 

そんな私ですが、先日三重県のTゴルフ場をプレイさせていただきました。

なんとこれが18ホール回らせていただくデビュー戦でした。

天候は少し寒いものの快晴で気持ち良かったのですが、内容は酷く。

ドライバーは右に曲がってOB するわ、バンカーショットは抜け出せないわ、

グリーンに乗せるまでに倍近くは叩いてました。

さらにこの日はグリーンの転がりが早く、

ちょっと外しただけでグリーンを越えてしまいそうなほどでした。

まずはショットをまっすぐ飛ばせるように練習せねばと思いました。

ゴルフって見ているよりもかなり難しいですね。

 

最後に足を引っ張っていたにもかかわらず

『初心者ならこんなもん、これから上手くなるし頑張って』と

暖かい言葉をいただいた一緒に回らせていただいた皆様、

スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

 

地球環境とリアルソイルリキッド④ パリ協定:日本のこれから

前回までの記事 : ①パリ協定とは? ②パリ協定の意義 ③日本の現状

c23ff5c7e93e4f9c6402c721faaa8d84_m

前回、日本における低炭素社会への取り組みを紹介しました。

今後は、再生可能エネルギーの比率を高める努力が必要だと言われていますが、

拡大することはできるのでしょうか。

 

可能性は十分にあります。

なぜなら、日本は自然エネルギー大国だからです。

広大な海を利用し、海洋風力発電や温度差発電、

潮流発電などを展開すれば大きな可能性が開けます。

 

また、地熱エネルギーは世界3位、

バイオマス発電を可能にする森林比率も先進国では3位です。

先端技術と組合せて再生可能エネルギーの比率を拡大できる可能性は

十分にあると考えられています。

 

かつて、IPCC(気候変動に関する政府間機構)のパチャウリ議長は、

「温暖化を止める技術はすでに人類の手の中にある。ないのはやる気だけだ」と述べました。

 

今、わたしたちが取り組んでいる「リアルソイル」とは

地球の循環システムに則った、持続可能な社会を構築する仕組みです。

自然の力を再認識し、理想的な循環型社会の構築、ムリ・ムダのない資源活用、

そして、「人・社会・自然」全てが『わ』 になることを目指しています。

 

日々試行錯誤しながら、社員一丸となり真剣に取り組んでいます。

また、皆様のご期待に応えられる様、新年度もより一層の努力をしていく所存です。

 

引用元:NHK解説委員室(http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/256336.html

地球環境とリアルソイルリキッド③ パリ協定:日本の現状

前回までの記事 : ①パリ協定とは? ②パリ協定の意義

c4c918a5149a366bf851caa33f342749_s

昨年11月にパリ協定が発効され、低炭素社会への取り組みがスタートしました。

さて、日本国内の温暖化対策はどうなっているのでしょうか。

 

省エネや脱CO2エネルギーへの転換によって2030年度までに

温室効果ガスの排出を、2030年度比より26%削減し、

2050年には80%削減する目標を掲げています。

 

目標の根拠の一つとなっている2030年の電源構成です。*( ) 内は2013年度実績

◆CO2を排出する発電

・石炭 (30%)→ 26%  ・天然ガス (43%)→ 27%  ・石油 (15%)→ 3%

◆CO2を排出しない発電

・原子力 (1%)→ 20~22%  ・再生可能エネルギー(11%)→ 22~24%

 

この目標には問題点が指摘されており、一つは「石炭火力発電」です。

石炭は化石燃料の中でもCO2排出量が最も多く、石炭の比率を

減少させるだけでは、有効な対策とは認められていません。

 

二つ目は「原子力」です。原発の運用は40年と決まっており、

現在の原発を全て40年稼働しても、2030年には目標の20~22%はまかなえず、

運用年数の延長などが含まれていると考えられます。

今後は、再生可能エネルギーの比率をさらに高める努力が必要だと言われています。

では、再生可能エネルギーの比率を拡大することはできるのでしょうか。

 

次回、【地球環境とリアルソイルリキッド④ パリ協定:日本のこれから】 につづきます。

 

引用元:NHK解説委員室(http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/256336.html

地球環境とリアルソイルリキッド② パリ協定の意義

前回記事 : 地球環境とリアルソイルリキッド① パリ協定とは?

キャプチャ

“歴史的な国際合意”と各紙・メディアが取り上げた「パリ協定」。

採択から1年足らずという異例の早さで発効され、

世界のCO2排出の4割以上を占めるアメリカと中国が

協定を締結し発効への動きを加速したとも言われています。

各国の対立に彩られることが多い交渉の中、先進国・途上国を越えて

「参加した196カ国すべての国が温暖化対策をとる」という

法的拘束力もある合意がなされたことは大きな前進であり、

世界が温暖化を脅威に感じ、協調して対策すべきとの危機感を

持っていることの表れであると言えます。

 

さて、パリ協定は発効されましたが、

各国が提示している削減目標をすべて達成しても、

世界の平均気温の上昇を「+2℃」以内に抑えるという目標には届かず、

今世紀末には、産業革命前と比べて3度前後まで気温が上昇する見通しです。

 

地球はまさに生き物、気候変動に待ったなし!です。

世界では「低炭素社会」をめざしていくことが決まりました。

温暖化対策が「ビジネスチャンス」となり、各国が様々な変化と動きを

開始する中、CO2排出量世界5位、主要排出国である日本は

どんな対策を打ち出していくのでしょうか。

 

次回、【地球環境とリアルソイルリキッド③ パリ協定:日本の現状】につづきます。

 

引用元:NHK解説委員室(http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/256336.html

Xmas点灯式マルシェ in 大津プリンスホテル

2016.11/27(日)、滋賀・びわ湖大津プリンスホテル様 にて開催された

『クリスマスファッションショー&イルミネーション点灯式』にて、

マルシェ出店&わっさん出演をいたしました!U(●´Å`●)U

IMG_0430_ IMG_0434_

ツリーやイルミネーション、キッズファッションショーも開催され、会場は華やかな雰囲気☆

マルシェでは“和らぎ農法”で育てた野菜やお米のほか、カリッと甘い『さつまいもスティック』や

野菜と水、塩だけを使って旨味を引き出した『じゃがいものポタージュ』も販売しました。

IMG_0435_

ホテルディナーや宿泊券、焼き菓子詰め合わせなど豪華賞品が当たる抽選会も行われ、

リアルソイルハウスからは、マルシェ商品券と『わっさんグッズ』をプレゼントしました!

見事当たりを引き当てたのは、ちいさな男の子を抱いたご家族。

その後、わっさんのぬいぐるみとお昼寝している写真を送ってきてくださいました♡

 

また会場には、びわ湖大津プリンスホテルのマスコット『プリンスニオくん』と

ゆるキャラ『野洲のおっさん』も登場!わっさんも並んで撮影会に参加させてもらいました♪

びわ湖放送にて放映された様子はこちらから (2:50ごろに撮影会の様子がちらっと映ります◎)

You Tube :おっさん日和【クリスマスファッションショー&イルミネーション点灯式】

キャプチャ

 

お越しくださった皆様、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!U(*´Å`*)U

下手くそプレイ日記 Part71

お久しぶりです!関東支店金子です。ゴルフで浮き沈みの激しい金子です。

今回、神奈川県のSゴルフ場様にてプレイさせていただきました。

 

この日は雨が心配されていましたが、フタを開けてみれば気持ちの良い快晴。

12月にもかかわらず、途中から半袖でも問題ないくらいの環境でした。

相も変わらずFwウッドを多用するプレイで、グリーンまでは順調に運びます。

問題はその後で、最近悩んでいるアプローチ~パッティング間の

下手さが際立ち、スコアが伸びません。

スイングは確実に上達を実感していますが、

アプローチでトップしたり、パターで加減を間違えたり……。

良いところがあれば悪いところが目立ち、その逆も然り。そんなゴルフが続いています。

ゴルフってなんでこんなに難しいんでしょうね。迷走が止まりません。

 

今回ご一緒した皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

 

OUT 55、IN56、GROSS111

地球環境とリアルソイルリキッド① パリ協定とは?

3ac012c89a32ea254677b84e3b11e79c_m

先月11月4日、「パリ協定」が発効され、歴史に記録される日となりました。

 

「パリ協定」とは、去年のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約会議)で

正式に採択された、地球温暖化対策の新しい国際ルールのことです。

このまま対策を取らなければ、世界の平均気温は2100年には

最大4.8℃上昇し、世界中で大きな被害が起こるとされています。

 

「パリ協定」の内容とは、

2020年以降、地球温暖化対策に参加した全ての国が

・世界の平均気温上昇を、産業革命から2℃未満に押さえる(できれば1.5℃)

・今世紀後半に人間活動による温室効果ガスの排出を実質ゼロにする

・参加国は削減目標をたて、5年ごとに見直し、国連に報告する

・被害が発生した国々への救済、対応策などの仕組みづくり

・途上国への資金支援を先進国に義務づける  などです。

 

大胆かつ厳しい目標という印象ですが、それほど地球の循環が破壊され、

私たちを取り巻く環境が危ういことを示していると言えます。

なぜ循環型社会が必要なのか、地球環境の仕組みとは?というところを

今回の「パリ協定」の発効により、私たち一人一人が真剣に考え、

行動するきっかけになればと感じます。
引用元:NHK解説委員室(http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/256336.html

 

次回、【地球環境とリアルソイルリキッド② パリ協定の意義】につづきます。

 

地方銀行フードセレクション2016 出展!

2016年11月8~9日、東京ビッグサイトで開催された食の商談会、

『地方銀行フードセレクション2016』に出展いたしました。

(過去の出店レポートはこちら : 2014年 、2015年

IMG_3783_

三度目の出展となる今回は、“和らぎ農法”で育てた野菜・お米とともに

新商品 『和らぎ農法の野菜だし』を引っ提げ、満を持して挑みました!

_MG_8058-3_

和らぎ農法の野菜は、うまみ・香りが豊かであり、シンプルな調理で美味しいだしが出ます。

この野菜をじっくり乾燥させ、美味しさをより凝縮したのが、『和らぎ農法の野菜だし』。

ほかのうまみ成分はもちろん、塩などの調味料は一切含まず、野菜100%!

素直でやさしい味わいは、バイヤーの皆様からも「おいしい!」と大好評でした♪

_MG_8212-2

旬を大切にする“和らぎ農法”の考え方に基づいて、野菜だしも旬のみのお届け!

秋にはカボチャを入れて甘みを、冬にはキャベツとしょうがでほっこり温かな美味しさを。

春・夏・秋・冬と、季節ごとのうまみを活かす発想に多くの方に興味を持っていただけました◎

***

広報部長のわっさんは、各地の先輩方とご挨拶も忘れずに…U(●´Å`●)U

IMG_0209_ IMG_0211_

左)去年に引き続き、横浜銀行のはまペンくんとパシャリ◎   右)愛媛のみきゃんちゃんと密着ツーショット…♪

 

前回にも増して素晴らしい出会いの場となった、フードセレクション2016。

野菜やお米、加工品など進化を遂げるリアルソイルハウスにご期待ください(^^*)

 

PageTop